抗がん剤を投与して副作用が出ても過ごし方次第で楽になれる

医者

抗酸化が鍵となる

がんを治療するのに欠かせない抗がん剤ですが、正常な細胞まで破壊してしまう作用があります。それを防ぐためには、正常な細胞まで変化しないようにすることです。細胞の変化を防ぐためには、抗酸化作用がある食べ物を摂取するといいといわれています。

抗がん剤で辛かった症状ランキング

no.1

身体が重くなる

いわゆる倦怠感と呼ばれるような症状ですが、これが一番きついという人が多いです。倦怠感といってもその症状はとても強く、風邪を引いたときよりも数倍のきつさだといいます。副作用が薄れるまで2週間かかります。

no.2

吐き気の中通院する

抗がん剤の副作用で代表的なものといえば吐き気です。吐き気は抗がん剤の点滴をした翌日から症状が出ます。そのまま嘔吐してしまうパターンもあり、脱水症状を起こすこともあります。その状態で通院しなければならないのです。

no.3

継続する下痢

腹痛は通常の体力の際にも辛い症状ですが、体力が奪われているなか下痢をし続けるのはとても辛いものです。常にトイレに入っている状態という人も多く、日常生活を送るのが難しくなります。この症状は2、3日で落ち着きます。

no.4

肝機能が低下する

治療中は禁酒をすることになります。これは肝機能が低下するためです。しかも、肝臓に脂肪がついている場合はダイエットもしなければならず、食事制限が辛いと感じる人も多いのです。一週間に2kg減量を命じられる人もいます。

no.5

身体中の毛が抜ける

抗がん剤の代表的な副作用で、髪の長い女性には辛いものです。しかも、中途半端な状態だとウィッグも買おうかどうか迷ってしまうので、対応しづらいのです。ただ、覚悟をしている人にとってはそれほど辛くないといわれています。

過ごし方を工夫しよう

医者と患者

正常な細胞も破壊されてしまう

薬ががん細胞を攻撃する手順は、血液を巡り化学物質が攻撃するタイプの細胞を探り当て細胞が死滅していくという順番となっています。
しかし、その過程でピンポイントに悪性腫瘍だけが攻撃されるのではなく、正常な細胞も攻撃されてしまうため、副作用が出てしまうのです。

感染も予防する

抗がん剤を投与しているときは体力も消耗しているため、病気にもかかりやすくなってしまいます。そのため、できるだけ規則正しい生活習慣を送るようにしましょう。副作用を抑えるためにも、基本的な生活習慣の見直しは必要となります。
感染を防ぐためには、いつもよりも清潔になるように入念に手入れをすることが求められます。マスクもかかさずに付けましょう。

食事で摂りたい栄養素

体力をつけるためにはバランスの良い栄養素を摂取することが大切です。
タンパク質は体の組織を作り直すためには必要不可欠ですし、糖質はできるだけ控えるようにしたいものです。なぜかというと糖質が変化してできるブドウ糖はがんの格好の餌となるからです。

足りない栄養素はサプリで補給

気分が悪いときは必要な栄養素を摂取しようとしても無理な場合があります。そういったときはサプリメントの力を借りるようにしましょう。
あるサプリメントには、抗がん剤の副作用が出現するのを防ぐような効果がありますので、医師と相談しながら治療に取り入れると良いです。

広告募集中