癌との戦いを抗がん剤とその副作用とともに乗り切る

医者

バランスよく治療をする

診断

体調の変化とのバランスをとる

癌になると臓器が侵されるため、それによる弊害が出てしまいます。
抗がん剤はそれを出さないようにするための治療法の一つではありますが、抗がん剤を投与することで副作用で苦しむこともあります。体調の変化があれば、すぐに相談しましょう。

発症には個人差がある

病気にかかった二人の人が、同じ抗がん剤を使用して治療したとしても、一人にはまったく副作用が現れず、もう一人の方には強い症状が現れることは珍しくありません。
そのため、抗がん剤を変えるというよりは、発症時期をずらすことが肝心となります。

手術との併用

抗がん剤はがん治療の中で重要な位置を占めます。抗がん剤だけを投与して治療する方法は今はあまりみられませんが、たいていの場合手術と併用して使われることが多いです。
手術をする前にできるだけ病巣を小さくする、進行を止めるために使われたり、手術後に再発を予防するために投与したりするために使われます。

生活の質を維持する

手術が一番がんを手術する上で効果が高い方法ではありますが、体に傷をつける方法をとるので、傷の回復のために体力を使ってしまうことは否めません。
一方で、抗がん剤は傷をつけずに、体の中だけでがんの症状を押さえられるので、どんな人にも適用できるのです。これは生活の質を守るためのものなので、この治療によって生活の質が下がってしまうというのであれば相談すべきなのです。

QOLについて

「生活の質の向上」、いわゆるQOLは医療現場でもよく使われる言葉です。歯医者では審美歯科がこれに当たります。美容のためだけではなく、健康のための予防もそれに当たるのです。病気をすれば体にダメージが与えられます。そのため、悪化する前に対策するのが重要なのです。

広告募集中